このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
編集画面では動画は再生されません。

UNISONLIVE,INC.

企業理念

VISION
当社から世界に
優秀なクリエイターとクリエイティブを輩出する

事業内容

Business content
オリジナルIPデベロッパー

Vライバー事業
ウタゴエ放送部♪は、動画サイト「bilibili動画」様「YouTube」様で、オリジナルソングの動画投稿・ゲーム配信などを行っております。任天堂株式会社様より任天堂タイトルのゲーム実況の許可を頂いております。
IPライセンス事業
自社IPのライセンス管理を行っております。「ウタゴエ放送部」ほかVライバーのグッズ販売、CD販売、音楽配信、ライブイベントの主催など、自社発のオリジナル・ライセンスビジネスを展開しております。
NFT・ムービー制作事業
After Effectsによる、アニメ・マンガ・ライトノベル・ゲームなどのCM・PVの受託制作。自社プロジェクトのVSingerのMV制作、NFTアートの制作を行っております。
NFT・ムービー制作事業
After Effectsによる、アニメ・マンガ・ライトノベル・ゲームなどのCM・PVの受託制作。自社プロジェクトのVSingerのMV制作、NFTアートの制作を行っております。

ウタゴエ放送部♪ニューアルバム
「La Muse Ment!!」NOW ON SALE!!

アルバム「La Muse Ment!!」は前作の王道のガールズロックサウンドから変化し、様々なジャンルを横断した多様性ある楽曲群が魅力のアルバム。ウタ部メンバー「音羽ララ(おとはねらら)」「春歌みこと(はるかみこと)」「三拍ユッコ(みはくゆっこ)」の3人それぞれが歌唱する。「ウタゴエ放送部♪」の新たな魅力を余すことなく楽しめるアルバムが生まれた。ジャケットイラストは人気イラストレーターの「すいみゃ」氏が担当。

お知らせ


Information
2021.5.20 ウタゴエ放送部♪オリジナルファーストアルバム「La Muse Ment!!」発売!【ニュースリリース
2021.5.11 ムービーデザイナー職の求人募集中です。インディードをご覧ください。
2021.2.11 ビリビリ動画様のVライバーコーナーに「音羽ララ」のビッグバナーが掲載されます。
2021.1.10 ウタゴエ放送部YouTubeチャンネルは、任天堂株式会社様のゲーム著作物の利用にあたり、個人向けガイドラインの適用を頂ける事になりました。
2021.5.20 ウタゴエ放送部♪オリジナルファーストアルバム「La Muse Ment!!」発売!【ニュースリリース
最先端の制作環境
モーションキャプチャー、ライブ配信、ProToolsHDXシステムなどコンテンツ制作に必要な環境を整備しています。

お問い合わせフォーム

Contact
お問い合わせは、下記フォームにてご連絡ください。ウタゴエ放送部へのご依頼も下記フォームから承っております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

会社概要

商号 ユニゾンライブ株式会社
資本金 7050万円(資本準備金含む)
所在地 104-0061東京都中央区銀座1-22-11銀座大竹ビジデンス 2F
代表 代表取締役 宮脇元康
事業内容 ・バーチャルユーチューバーの企画運営及びマネージメント
・バーチャルライバーの企画運営及びマネージメント
・キャラクターコンテンツの企画制作
・音楽音声コンテンツの企画制作及び販売
・ライブ・コンサートの企画制作及び主催
・ゲームの企画開発及び販売
・映像デザインの受託制作
・自社IPのマーチャンダイジング及びライセンス管理
・その他各号に付随する一切の業務
取引先 ・ムジュウリョク株式会社
・株式会社DONUTS
・REALITY株式会社
・バルス株式会社
・Google,inc.
・Apple,inc
・上海幻電信息科技有限公司(bilibili)
・合同会社ライブカートゥーン
・株式会社ZEN
・エイベックス株式会社
・株式会社コンテンツシード
(順不同敬称略)
取引先金融機関 みずほ銀行
顧問弁護士 秋葉原法律事務所
顧問公認会計士 石割公認会計士事務所
所在地 104-0061東京都中央区銀座1-22-11銀座大竹ビジデンス 2F
ユニゾンライブ株式会社

104-0061東京都中央区銀座1-22-11 
銀座大竹ビジデンス 2F




規程

反社会的勢力への対応に関する規程

 

(目的)

第1条 この規程は、当社(以下「当社」という。)における反社会的勢力との一切の関係を排除するための組織体制その他の対応に関する事項を定めることを目的とする。

 

(定義)

第2条 この規程において反社会的勢力とは、次の各号のいずれかに該当する者又は各号のいずれにも該当しなくなった日から5年間を経過しない者をいうものとする。

一 「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)第2条第2号に定義される暴力団及びその関係団体

二 前号記載の暴力団及びその関係団体の構成員

三 暴力団準構成員

四 暴力団関連企業

五 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等の団体又は個人

六 前各号の一の団体、構成員又は個人と関係を有することを示唆して要求を行い経済的利益を追求する団体又は個人

七 その他、前各号に準ずる者

 

(反社会的勢力に対する基本方針)

第3条 当社は、反社会的勢力と一切の関係を持たず、反社会的勢力からの要求には応じない。

2 前項において、反社会的勢力からの要求に対し、当社は、民事及び刑事の両面から法的対応を行うものとし、当該要求の理由の如何に関わらず、一切応じないものとする。

3 当社は、必要に応じて、警察、弁護士等の外部専門機関との緊密な協力関係を構築する。

4 当社は、前各項に規定する措置を講ずるに当たって、反社会的勢力に対応する役職員等の安全を確保する。

 

(担当者)

第4条 当社は、取締役を反社会的勢力担当者とし、取締役は、反社会的勢力に関する情報を管理・蓄積、社内体制の整備、研修活動の実施、外部専門機関との連携等を行い、反社会的勢力との関係を遮断するための取り組みを支援する。

 

 

(反社会的勢力を排除するための契約の締結)

第5条 当社は、当社を当事者とする契約を締結する場合、当該契約の相手方が国及び地方公共団体並びに独立行政法人、地方独立行政法人又は当社が別に定める法人(以下「国等」という。)である場合を除き、原則として、契約書に次の各号の規定を設けることとする。

一 反社会的勢力に該当せず、かつ、将来にわたっても反社会的勢力に該当しないことを求める条項

二 親会社等、役員その他、名義上若しくは実質的に経営に関与する者が反社会的勢力でないことを求める条項

三 反社会的勢力を所属者とし又は反社会的勢力を代理人、媒介者若しくは再受託者(再受託者の代理人、媒介者を含む。)としないことを求める条項

四 反社会的勢力が経営を支配し又は実質的に経営に関与していると認められる関係を有しないことを求める条項

五 反社会的勢力を不当に利用し又は交際していると認められる関係を有しないことを求める条項

六 反社会的勢力に対し、名目の如何を問わず資金提供を行っていないこと、及び、今後も行う予定がないことを求める条項

七 自ら又は第三者を利用して、次の各号の一に該当する違法行為を行わないことを求める条項

イ 暴力的な要求行為

ロ 法的な責任を超えた要求行為

ハ 取引に関し、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為

ニ 風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて当社の信用を毀損し又は当社の業務を妨害する行為

ホ 前各号に準ずる行為

八 その他、反社会的勢力と非難されるべき関係がないことを求める条項

九 上記、一~八の各号のいずれかに違反した場合、催告その他何らの手続きを要することなく、直ちに本契約の全部又は一部を解除できることを求める条項

 

(反社会的勢力を排除するための契約の解除)

第6条 当社は、契約締結後に契約相手方が反社会的勢力であることが判明した場合、当該契約を解除することを原則とする。契約の解除に当たっては、契約責任者は事前に、取締役と協議の上、弁護士等の外部専門機関と十分に協議し、対応を行うものとする。

 

 

(反社会的勢力からの要求への対応)

第7条 当社は、反社会的勢力による要求に対しては、役職員の安全を最優先し、所管部署だけで対応せず、組織的に対応するものとする。

2 反社会的勢力による要求を受けた場合、所管部署担当者は、所属長に当該要求について速やかに報告し、さらに、報告を受けた所属長は速やかに取締役に報告する。

3 取締役は、反社会的勢力から要求があった報告を受けた場合、代表取締役に速やかに報告するとともに、対応について協議し、必要に応じて警察への通報を行う。

 

附 則 この規程は、令和3年4月18日から施行する。